Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

エリカラ外れました!! 

1月27日 この日はちゃまの通院日。

私達家族もそして何よりこの方もこの日抜糸をしてエリカラをはずして帰れると思ってました。

しかし先生の口から出たのはできたらもう2~3日付けといた方がいいでしょう…と。

抜糸のあとがむずむずして掻いたり舐めたりしないためにだそうです。

出掛けに”ちゃま~ 今日これ取れるで~”とさんざん喜ばしておいたのに

004_convert_20130131210536.jpg

002_convert_20130131210320.jpg
明らかに怒ってましたね。

それで抜糸から二日後の29日夜(ちゃまパパが”エリカラはずし式をやる!!”)
とかいうので)ちゃまパパが帰るのを待って外しました。 

まぁ~喜んだこと 喜んだこと。うさぎっぱしりでグルグル回ってました。

首周りはボサボサ、耳毛ももつれにもつれてフェルトになってしまい今少しずつほぐし中。

ピンクハウスに入ると思いきや未だ入らずです。
016_convert_20130131212104.jpg
エリカラをつけていると耳毛が目にかかることもしょっちゅうで目やにがでたことも
ありました。

フードも中で転がったし…それを食べようと外側からエリカラをカキカキしてた(笑)

ちゃまとしては散歩中に匂いを十分かげなかったことが一番の不満だったね。

植え込みに突っ込んだり土も掘ったりあっちこっちにぶつかったりでエリカラも傷だらけ。

でもちゃまを守ってくれてありがとうだね。

去勢をすると大人しくなるとか性格が変わるとか聞くけれどまだその効果は表れてません。

今日の散歩でも自転車に乗ったおじさんに連れられた柴わんことすれ違った瞬間凄い
勢いで吠えてました。リードを離したら追いかけていってたよあれは…

019_convert_20130131212332.jpg

うんPも順調に出ています。再発のリスクはありますが、当たり前のことがこんなに
うれしいことはありません。何となくまだ表情の固いちゃまですがこちらも少しずつ
ほぐしていってあげようと思います。


スポンサーサイト

カテゴリ: 会陰ヘルニア

続くエリカラ生活 

きょうはちゃまの通院日でした。

手術から十日たってひょっとしたら今日抜糸してエリカラ生活ともバイバイかな~

と思っていたのですが抜糸したのは去勢したところだけ…

おしりのほうは大事をとってもう一週間寝かせることになりました(笑)

うんPのほうも今のところ順調ですが去勢してもほかのところから男性ホルモンは
分泌されるの再発する可能性はあるそうです。

エリカラをつけてしばらくは(エリカラの部分がパラボラアンテナみたいになって音をよく
ひらうのか(笑))少し歩いては立ち止まったり後を振り返ってじっとしたりしていました
がようやく慣れたようで普通に散歩できるようになりました。

007_convert_20130119204626.jpg

近所のお友達や散歩で出会うワン友の皆さんからたくさん励ましてもらったちゃま。

そのおかげで散歩の脚も進んだようです

004_convert_20130119210732.jpg
家に帰ってくると自分のベッドでまったり。

ちゃまにはこの冬の寒さ対策としてこれを用意してました。(12月撮影)

いつかアップしようと写真だけは撮っていたのですが…

018_convert_20130119215952.jpg

021_convert_20130119211933.jpg
ホットカーペットみたいなもんで、表と裏で温度が調節できます。

エリカラをつけてる今はピンクハウスに入れない(何度か挑戦してるのを見かけましたが)
のでこれを敷いたベッドで過ごしています。








カテゴリ: 会陰ヘルニア

エリザベスちゃま 

011_convert_20130113224752.jpg
昨日退院して来ました

病院ではとうとうでなかったうんPもうちに帰ったらでてくれました

今は慣れないこのエリザベスに悪戦苦闘しています。

あっちにぶつかりこっちにぶつかり、散歩にいっても思うように匂いもかげずその場で

固まってしまいました

あまりにかわいそうなので外したら次につけるときちゃまの逆襲にあいました。

傷口を舐めるので感染症の予防のためにもここは心を鬼にして~

ちゃまも相当なストレスだと思いますが抜糸まで我慢してもらうしかありません。

自慢のしっぽも(ちょっとホースみないなのが見えてると思いますが)先っちょだけ

毛がある状態!! そしておちりの写真はちゃま曰くNGだそうです(笑)

先生は多分生えてくると思いますが(椎間板の手術のときはちゃんと生えてきたので)

たまに生えない子もいてなんて言われてました

今はちょっとテンションも低く”しゅんたろう”のちゃま。

時間が過ぎるのを一緒に待とうね。

カテゴリ: 会陰ヘルニア

無事終わりました 

昨日会陰ヘルニアと去勢の手術を無事終えました

006_convert_20130110203716.jpg
病院に行く直前のちゃま。昨日の夜ごはんの後は絶食(お水もなし)です。

朝10時30分に病院に行き血液検査の結果も異状がないということで先生からは

午後から麻酔をしてCTを撮りそのまま手術をしますので私達には4時半ぐらいに来て下さいと言われちゃまを預けて病院を出ました。。

5時間ほど時間がありちゃまパパからの提案で病院から少し車を走らせたところにある大神(おおみわ)神社(奈良県)に行くことしました。

007_convert_20130110210821.jpg
ここの境内にある狭井神社が病気平癒の神様なのでちゃまの手術がうまくいくこととこれからも病気をせずに元気でくらせるようにお願いしました

019_convert_20130110211701.jpg
そしてこちらは”なでうさぎ”。撫でるとご利益があり手足の痛みをとってくれるそうです。

ちゃまに代わってうさぎさんの背中や後脚やおちりを存分に撫でさせてもらいましたよ。


4時過ぎに病院にもどり麻酔から覚醒中のちゃまと対面し、手術の説明を受けました。

心配していた以上の手術は免れたようでホッとしてます。

今日は病院もお休みでちゃまの様子を聞くことはできなかったのですが、三連休中には

退院できると思います。

ご心配や応援をしていただいたお友達のみなさんありがとうございました。






カテゴリ: 会陰ヘルニア

もうひとつのヘルニア 

このブログで何度となくちゃまの便秘について載せてきました。セカンドオピニオンを求め

た病院で当初は先生の話から希望がもてたのですがすぐに効くといわれた薬(プロナミド)

は三週間たってもなんの変化も見られませんでした。ここでは自力で便を出せなくなった

ちゃまに対して浣腸で対処されていたのですが、そのやり方にもだんだん不安を覚えるよう

になり、一か月ほど通院したころ先生から心無い言葉を言われてすっかり信用をなくし、

もう二度とあの病院には行かないと決めました。

ちゃまの便秘は自力で出せなくなったのとき怒責(いきむ声)がもの凄いのと、声のわりに

全然でないのが大きな特徴です。

この事は最初の病院でもセカンドオピニオンを受けた病院でも何度も何度も言ってきました。

行き詰まってしまい家族で色々相談した結果、ちゃまが去年椎間板ヘルニアの手術をした

病院の先生に相談してみることにしました。

一通り症状を説明し、とりあえず肛門から指を入れて診てもらうと(肛門の)左側は筋肉が

あって張りがあるのに対して右側は筋肉がなくて押すと指が入っていくので多分”会陰ヘルニア”だろうと言われました。

ホルモンの影響で肛門の筋肉が薄くなって穴があきそこに腸がはみでて便がたまってしまう

そうです。この”会陰ヘルニア”は5,6才以上の去勢していない雄犬に多く見受けられる

そうでまさにちゃまは去勢していない5才のわんこなのです。

手術はどれぐらいちゃまの肛門の筋肉が残ってるかによっても変わってくるし、再発はありうるそうです。

同時に去勢をしてとりあえずホルモンを止めれば悪化(筋肉が薄くなること)は

防げるそうなので来週の九日に会陰ヘルニアと去勢の手術することにしました。

去勢をしなければ前立腺の病気になるのことは頭にありましたが、こういう病気にもなることを今まで知らずにいました。

ヘルニアの手術から一年もたたないうちにまた大きな手術をすることになりもっと気をつけてあげればよかったとちゃまには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ご飯は普通にたべるちゃまなのでご飯をたべる以上排便しなくてはなりません。

どうか手術が成功して普通に生活ができるように祈るのみです。

005_convert_20130105011010.jpg
           




















カテゴリ: 会陰ヘルニア